賃貸借契約について

これから一人暮らしを始めるという方はぜひ知っておきたいのが「賃貸借契約」の中身です。
一般的に賃貸とよばれていますが、正式には賃貸借といいます。
便宜上、ここでは賃貸契約とします。
一人暮らしが初めてという方はやはり若年層の方が圧倒的に多いです。
中には未成年の方や学生の方もいます。
ですが社会人になっていなくても、賃貸契約は法律に基づいた公的な契約となっています。
そのため正しい知識を持って、契約を交わすことが必須です。
では賃貸借契約で必要となる書類について調べてみましょう。
賃貸契約は書類によって契約が交わされます。
その書類が「賃貸契約書」です。
この賃貸契約書は不動産会社が用意してくれるものです。
一般に賃貸契約では、不動産会社と交わすという形式になっています。
ですが厳密には、不動産会社はあくまでも仲介役です。
実際に契約を交わす相手は、賃貸住宅の持ち主です。
この持ち主は大家ともよばれています。
大家が直接、住む人を募集することは時間と経費がかかるため、不動産会社にその業務を依頼しているという形態になっています。
そのため、賃貸契約書で契約を交わす際に不動産会社の方と行っているというわけです。
そして賃貸契約を交わして、実際に入居する方のことを「賃借人」とよんでいます。
では入居予定の賃借人は、賃貸契約の際にどのような書類を用意する必要があるのでしょうか。
1つは賃借人となる方の「身分証明証」です。
バイクや自動車などの運転免許証、あるいは健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどがこれに当たります。
そして賃借人の契約前の居住地が記載されている「住民票」です。
またこの住民票は本籍が記載されたもので、かつ発行から3カ月以内のものでなくてはなりません。
そして賃貸契約では通常、「保証人」を立てる必要があります。
その保証人の「身分証明証(写し)」と「住民票」「印鑑登録証明書」「実印」となっています。
すなわち保証人は実印をもっており、なおかつその印鑑を役所で登録しておく必要があります。
これらが賃貸契約の際に必要となる各書類です。
また賃貸契約によって異なりますが、賃借人と保証人の収入を示す書類が必要な場合もあります。
この場合は源泉徴収票もしくは確定申告書を用意しましょう。
この収入証明書は、保証人を含む賃借人が一定の収入を継続的に得られることを証明するためのものです。
この証明ができない場合は、賃貸契約を締結させることは難しくなります。
これがいわゆる入居審査です。
入居審査にパスできないと賃貸契約は締結させることができませんので、注意しましょう。

近頃良く聞く賃貸について、ココでチェックしてみてください

  • もし賃貸について調べてないなら今すぐチェック。この賃貸サイトをクリック!!
Copyright (C)2014賃貸契約に関するルールを知る!.All rights reserved.